GMOとくとくBBのWiMAX2+は調べれば調べるほど、評判が悪い。やれ詐欺だの、騙されてしまっただの・・・。そう言いたくなく気持ちも分からなくはないです。

GMOとくとくBBと契約するのに向いている人、向いていない人がいるってことです。自分が向いていないと感じるならgmoとの契約は辞めておいたほうがいいです。

gmoとくとくbb wimax2+のメリット

gmoとくとくbbは料金面だけみると、かなり安く利用することができます。

1.月額料金が安い

gmoとくとくbbは月額料金が安いです。

初月が無料。2ヶ月目〜3ヶ月目は3,609円。4ヶ月目以降は4,263円です。UQコミュニケーションズで契約した場合の費用が最初の3ヶ月は3,695円で4ヶ月目以降が4,380円ですから毎月100円以上安い料金でWiMAX2+が利用できます。

さらに、ここにキャッシュバックが加わります。

2.キャッシュバックが高額

GMOとくとくBBのキャッシュバックプランはwimax2キャンペーンの中でも、大抵は最高額になっています。キャッシュバックの額は端末やクレードルの有無によって変わります。現在のキャンペーンでは以下のとおりです。

キャンペーンが豊富

さらにGMOとくとくBBではキャンペーンの種類も豊富です。

キャッシュバック、タブレット端末セット、パソコンセットなどバリエーションもあるので、gmoとくとくbbのキャッシュバック受け取り時期が約1年後になることを考えて、いますぐタブレットが使いたい。パソコンが使いたいケースなどは、タブレット・パソコンセットでWiMAX2+の契約ができるのは便利です。

このように料金が安く、またキャンペーンも豊富なので選ぶ側としては嬉しい限りです。ですが、デメリットもあります。

GMOとくとくBBの評判を悪くするデメリット

ではGMOとくとくBBの評判が悪い理由はなんでしょうか。1つめはサポート体制が不十分なことです。契約後にサポートセンターに電話をしても、なかなか繋がりません。保留音のまま15分程度またされることなどはザラです。

恐らくこうした、サポートの人的費用がそのまま料金面に反映されている気がします。しかも電話はフリーダイヤルなどではないため、料金はすべてこちらの負担です。

サポートでは問い合わせフォームから電話で連絡することも可能です。こちらは翌営業日もしくは、その次の営業日には返事があります。急ぎでなければメールを利用するのがいいでしょう。

とくにWiMAXはそれほどサポートを必要とするものでも無い商品ですからあまり気にすることもないですが。

次の問題点はキャッシュバックの受け取り方法。

11か月後にGMOとくとくBB契約時に与えられるメールアドレスに「キャッシュバック」のお知らせメールが送られてきます。このメール内に口座情報の登録方法が記載されています。

文章だけでみると、ぜんぜん難しくないのですが、11ヶ月後ということで忘れがちになります。実はこのメール受信日の翌月末日までにキャッシュバックの手続きをしないとキャッシュバックが消滅します。

メールを普段から使う人なら、自分が使うメールにGMOのメールを転送すればいいだけです。メールを転送すると毎日のように広告メールが送られてきます。そこは我慢が必要ですね。

こうしたキャッシュバックの受け取りの難易度の高さで、沢山の人が犠牲になっています。クレームもでているのでしょうが、キャッシュバックの受け取り方法に関しては変わらないので、やっぱり今も受取れない人が多いのだと思います。

これでも自分は間違いなくキャッシュバックを受取れると思うなら、料金が安いのでとくとくbbとの契約は悪くないです。

メールが11か月後に送られてくるなんて忘れそうな気がする。と思うならやめておきましょう